CONCEPT & CONTENTS MAKING

あなたの「伝えたい想い」を「伝わることば」へ

「ことばの4S」

Nov 1, 2015

「伝えたい想い」を「伝わることば」へ
自己PRコンサルタントの森田恒行です。
 
清々しい日曜の朝ですね♪
11月のスタートです!
 
昨日は友人である白坂裕子さんが主宰する
「掃除道入門講座」に参加させていただきました。
 
b83f5c_9b29e7278ea54a9a9843f00e910a812e
 
 
白坂さんは 片付け美人養成コーチ。
そして一般財団法人 日本そうじ協会の
掃除道 認定講師でもあります。
 
『掃除大賞 2015』 で
優秀賞と厚生労働大臣賞を受賞される
素晴らしい実力者であるにもかかわらず
とても温かみあふれる素敵な女性です。
 
白坂さんのブログは、こちら
掃除道でもっと人生を豊かに!
http://ameblo.jp/magicmoon101/

 
参加させていただいた感想は
「うわっ!掃除と自己PRって同じだ!」
ってことでした。
 
「???」
「掃除と自己PRが同じ?」
「なんで??」
って、今 思いましたよね?(笑)
 
ちょっと待ってくださいね。
順番に話しますから(笑)
 
まず掃除には定義があるとのことです。

その定義とは
1.整理
2.整頓
3.清掃
4.清潔
いわゆる4Sと言われるもの。
 
あなたも聞いたことがあるかと思います。
 
 
この4S、実は順番が大切なんですよね。
 
1.整理とは
 
いるものといらないものを分けて、いらないものを捨てること
 
いわゆるテレビで有名なこんまりさんがやってるアレです。
 

2.整頓とは
 
いるものの定位置をつくること
 
いわゆる収納ですね。
 
 
3.清掃とは
 
定位置からホコリを取ること
 
ホコリは正直だから
ちょっと放っておくと すぐ積もるそうです。
 
4.清潔とは
 
このキレイな状態を維持すること
 

 
この順番でやらないと、掃除って出来ないそうです。
 
言われてみれば なるほどですよね。
 
整理する前に、清潔には出来ないですからね(笑)
 
 
それで、何が自己PRと同じかというと
僕がやっている自己PRのセッションも
ほぼ同じことをやっているのです。
 
 
グチャグチャにモノが溢れている引き出しを
イメージしていただけると分かりやすいのですが
 

1.まず頭の中に入っていることを全部出す。
 
引き出しにモノが入った状態で、
整理しようとしても なかなか進みません。
 
頭の中も同じです。
いろんなモノが詰まり過ぎているはずです(笑)
 
なので、まずは全部 出します。
 
整理の前段階ですね。
全部出さないと、分けられません。
 
この際に必要となるのが
他者からの客観的かつ予想外の質問です。
 
人は通常、自分の思考パターンに支配されています。
 
よって、いつもとは違う発想を持たないと
頭の中身を全部出すことができません。
 
自分ひとりでやろうとしても上手くいかないのです。
 
鏡に映さないと自分のことを見られないように
他者を介することで初めて、自分を見つめることができるのです。
 
これを出来るのが、僕の強みです。
 
 
2.いるものといらないものに分けて、いらないものを捨てる
 
ここから、ようやく整理が始まります。
 
自己PRに必要となるエッセンスを抽出します。
 
いわゆる信念や価値観
 
そして、シアワセにしたいお客様像
 
その商品やサービスの価値
 
サービスを受ける前と後のビフォー・アフター
 
これらを抽出して、いらないものは脇に置いておきます。
 
 
3.ことばのストックを増やす。
 
ここが僕のセッションの肝になります。
 
整頓する前に、いるものを増やすのです!
 
抽出したエッセンスの価値を高めるために
ことばのストックを増やすのです。
 
たとえば、「美味しい」というエッセンスに
 
いつ美味しいのか?
誰と食べたら美味しいのか?
どこで食べたらおいしいのか?
なぜ美味しいのか?
誰が作ったのか?
原材料は何なのか?
その産地は どこなのか?
どんな手法で作ってるのか?
ライバルとの違いは何なのか?
などなど・・・
 
ことばのストックを増やすことで
商品サービスの価値を高めるのです。
 
 
4.価値を分類して収納します
 
ことばのストックを増やしたら、
価値の種類に応じて、それらを分類します。
 
分類したら、いつでも取り出せるように収納してあげます。
 
整頓ですね。
 
 
頭ではなく心に収納するイメージです。
 
背骨を軸として、その横に分類用の棚を何段も作り
さらにファイルごとに収納しておくような感じです。
 
 
どこに何があるかを把握しておけば
取り出すのに時間がかかりません。
 
ことばのストックを増やして、
何がどこにあるのかを自分で把握しておけば
人前で話す時にも困りません。
 
30秒なら、コレとコレ
1分なら、コレとコレとコレ
3分あるなら、あとコレとコレも話せるなあ!
 
こんなイメージです。
 
人前に出たときに上手く話せないのは
準備が足りないからなのです。
 
 
幸運は「チャンス」と「準備」の交差点
 
これは楽天の三木谷さんのことば。
 
 
そして、
チャンスは人からやってくる
 
 
だとしたら
人と会うときに どれだけ準備できているか。
 
どれだけ「ことばのストック」があるか。
 
そして、常にことばの精査を続け
どれだけ「ことばのストックの精度」を保つことができるか。
 
これが清掃、清潔にあたります。
 
 
自己PRは、ここが肝なんです。
 
 
掃除も同じなんですね。
 
整理・整頓・清掃・清潔の順番を守って
モノを置く場所を決めておけば
探す時間を短縮化できますし、
その探すストレスも解消することができます。
 
 
ことばも同じ。
事前に準備して収納しておけば
すぐに取り出すことできて、
分かりやすいことばで相手に伝えることができます。
 
「伝えたい想い」を「伝わることば」にする。

昨日の白坂さんの話を聞いて、あらためて
僕がやっているのは「ことばの4S」だったんだなー!
ってことが分かったのが、昨日のセミナーの収穫でした。
 
白坂さん、たくさんのヒントをいただきまして
本当にありがとうございました。
 
 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。