CONCEPT & CONTENTS MAKING

あなたの「伝えたい想い」を「伝わることば」へ

うまくいく人の3つの理由

Jun 10, 2018

「伝えたい想い」を「伝わることば」へ♪
自己PRコンサルタントの森田恒行です。
 
 
さてさて、
うまくいく人は
どうしてうまくいくのか?
 
それは、
うまくいく人と
うまくいかない人は
「考え方」が違うから。
 
こんな話は、
いろんなところで よく聞きますよね?(笑)
 
 
じゃあ、うまくいく人って
どういう「考え方」だから
うまくいくのでしょう?
 
 
今日は、
マンガ「スラムダンク」から
学んでみることにしましょう。
 
以前にも取り上げたことがありますが、
僕は、スラムダンクの中で
「合宿のシーン」が大好きです。
 
このシーンには、大切な要素が
いっぱい詰まっていると考えています。
 
 
まず安西先生は、
主人公の桜木花道に対して
「正確な現状」を分からせるために
シュートを10本 打たせます。
 
IMAG3937
 
結果として、
花道のシュートは1本も入りません。
 
IMAG3936
 
そして、さらに
そのシュートを打つフォームを
ビデオ撮影したうえで
本人に確認させています。
 
8415beb452497eb00307b476a730d108-300x176
5cf9fdaffbcabf2884e30a65d22169df-300x160
 
「オレって、なんてヘタくそなんだ・・・」
 
うまくいくかない人は
こんな感じで落ち込みます。
 
そして、落ち込んだまま
しばらく上がってこない。
 
 
でも、花道は違いました!
 
まずここが1つめのポイント。
 
①うまくいく人は、リカバリーが早い!
 
うまくいく人は
いちいち落ち込みません。
 
落ち込んでいるだけ時間のムダ!
ってことが分かっているからなのです。
 
そんなヒマがあったら
行動にうつすことを考えます。
 
花道は落ち込む間もなく、
すぐに安西先生に こう聞いてます。
 
IMAG3940
 
で、ここが2つめのポイント
 
②うまくいく人は、素直に聞ける
 
花道の理想は明確です。
 
「とにかくシュートを決めたい!」
 
だから、恥も外聞もないし、
カッコつけてる場合でもない。
 
だから素直に、
教えを求めているわけです。
 
 
でも、うまくいかない人は、
素直じゃない人が多い。
 
だから、こういう場面に出くわすと
自分の力で解決しようとします。
 
そして結局、うまくいかずに
時間を無駄にしてしまう。
 
 
時間を無駄にするだけなら ともかく、
うまくいかない時点で
途中で諦めてしまう人が大半です。
 
だから、素直に聞けるかどうか、
これって、めちゃくちゃ重要なのです。
 
そして、その花道に対して
安西先生が言ったことは
 
IMAG3939
 
2万本と言われたら、
普通はビックリしますよね。
 
IMAG3938
みんなの反応は、こんな感じ。
 
 
でも花道は、
すかざず こう切り返します。
image1
 
シビレますよね?(笑)
 
 
で、ここが3つめのポイント
 
③うまくいく人は、
 言われたことに文句を言わない

 
だいたい、こういうときに
うまくいかない人は文句を言います。
 
「本当に2万本やらなきゃいけないんですか?」とか、
 
「100本で身に付けられる方法ないんですか?」とか、
 
「2万本に、何の意味があるんですか?」とか
 
だいたい、こんな感じ(笑)
 
 
うまくなりたいんだったら、
つべこべ言わずに
言われたことを さっさとやる!ってこと。
 
 
本気でうまくなりたい人にとっては
つべこべ言ってる時間すら、もったいない。
 
 
そもそも、教える側は
「意味」と「意図」があるから
指示を出しているのです。
 
その「意味」と「意図」を考えもせず
文句を言う人に未来なんてありません。
 
逆を言えば、
その「意味」と「意図」を考えながら
必死で練習するから上達するのです。
 
 
以上、3つをまとめると
 
うまくいく人は、
①リカバリーが早くて
②素直に聞けて
③言われたことに文句を言わない

 
こんな感じですね(*´∀`)
 
あなたは、
この3つを兼ね備えていますか?
 
 
これも、
よりよく生きるための「考え方」なのです。
 
今日の話が、
あなたのビジネスのヒントになれば幸いです。
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
自己PRコンサルタント 森田恒行
http://www.7starpr.net/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

誰から何を学ぶのか?

Jun 9, 2018

「伝えたい想い」を「伝わることば」へ♪
自己PRコンサルタントの森田恒行です。
 
 
さてさて、あなたは今
誰かから何かを学んでいますか?
 
では、そんな学んでいる方に質問です。
 
 
あなたが学んでいる その人は
「先生」ですか?
「師匠」ですか?
 
 
え?
その2つ、違うの?
 
って今、思いませんでしたか?(笑)
 
 
「先生」と「師匠」
 
この2つ、大きく違います。
 
 
「先生」というのは
“技術”を教えてくれる人。

 
「師匠」というのは
“マインド”を教えてくれる人。

 
 
あなたは今、
何を学びたくて
その人の教えを受けていますか?
 
DP9mxQxUEAA-mSg  師匠といえば、この人!
 
 
ここで大切なことは、
 
“技術”を学びたいのか?
“マインド”を学びたいのか?
 
はっきりと目的を決めてから
お金を払うってこと。
 
 
”技術”だけを身につけたくて
その人のところで学び始めたのに、
その教えてくれる人の人間性や
性格について、文句を言う人がいます。
 
これって本末転倒。
 
 
“技術”を求めていったのであれば
“技術”にのみフォーカスしたうえで
その人を評価するべきです。
 
逆に、
“技術”だけを求めて行ったのに
“マインド”を押し付けられた。
 
こんなケースもあるでしょう。
 
 
そういう場合は、
そのマインドに共感できなければ
その人からは学ぶべきではありません。
 
共感できない人に反発しながら
技術だけを学ぼうとしても
身につく可能性は低いからです。
 
 
いちばんいいのは
その人のマインドに共感できて
技術も身につけられる場所。
 
そんな場所を見つけられたら、
マインドが常に満たされた状態で
技術も習得できるわけです。
 
先生から学ぶのは“技術”
師匠から学ぶのは“マインド”
 
 
だから僕は、
先生と呼ばれるのは
あまり好きではありません。
 
僕が大事にしているのは
“技術”よりも“マインド”
 
人生を
よりよく生きるための「考え方」
という“マインド”を教えているからです。
 
 
でも、
「師匠」と呼ばせるのはイヤなんです。
 
 
なぜなら、
僕も一緒に成長させてもらっているから。
 
だから、友達みたいに
「もりりん」って呼んでもらえるのが
僕もいちばん嬉しいです(*´∀`)
 
 
あなたは
誰から何を学んでいますか?
 
 
今日の話が、
あなたのビジネスのヒントになれば幸いです。
 
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
自己PRコンサルタント 森田恒行
http://www.7starpr.net/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

どうして翌日なの?

May 13, 2018

「伝えたい想い」を「伝わることば」へ♪
自己PRコンサルタントの森田恒行です。
 
 
さてさて、昨日のブログで
 
****************
 
セミナーを受けた後で、
ちゃんと復習をしましょうね。
 
でも、セミナーの当日は
きっと懇親会などに参加して
酔っぱらって帰ってくるでしょう(笑)
 
だから、
当日じゃなくて翌日やりましょう!
 
****************
と、こんな話をしたところ、
 
「どうして翌日なんですか?
 だったら懇親会になんか出ないで
 その当日に復習したほうがよいのでは?」
 
という、ご意見をいただきました。
 
 
ふむふむ、一理あるかもしれませんね。
 
 
でも、これに対して、
僕の考えはNO!
 
NO
 
「懇親会には行った方がよい」
 
まず、これが結論です。
 
 
懇親会に行ったほうがいい理由。
それは3つあります。
 
まず1つめは
講師と話せる!
 
セミナー中には聞けなかった
大事な話を講師から聞けます。
 
僕もそうですが、
大切なことは、だいたい
懇親会の場で話してます(笑)
 
 
そして、2つめは
復習できる!
 
懇親会の場は、
その日に学んだことを
復習するための時間です。
 
つい先ほど学んだばかりのことを
声に出してみること。
 
そして、それを
一緒に参加した人に聞いてもらうことで
自分が、どれだけ理解できているのか
その目安になります。
 
ちゃんと理解できていなかったら
「それって違うんじゃない?」とか、
フィードバックも、もらえますからね。
 
 
そして、3つめは
仲間が見つかる!
 
特に高額のセミナーって、
参加するかどうか悩みませんか?
 
そして、おそらく
ちょっとした勇気を出して
申し込みをしているはず(笑)
 
ここで、ちょっと考えてみてください。
 
同じセミナーに参加している人たちって
おそらく あなたと同じくらい勇気を出して
そのセミナーに申し込んでいるわけです。
 
つまり、同じ場所に集まっている時点で
大切にしているものが、そこそこ似ている。
 
つまり、価値観の近い人が多いってこと。
 
だから、打ち解けるのも
仲良くなるのも きっと早いはず。
 
もしかしたら、未来の彼氏や
未来の彼女がいるかもしれないのです(笑)
 
 
いかがでしょう?
 
以上の3つの理由を加味してみたら、
そんな素敵な機会を、
自ら放棄してしまうのって
ホントにもったいないと思いませんか?
 
だから、懇親会は絶対参加!
 
楽しく飲んで、
次の日に復習すればいいのです(*´∀`)
 
 
僕は、そういう考え方なので、
こちらのセミナーは
ランチ代も懇親会代も
すべて受講料に含んでいます。
 
『 本気で変わりたい人のための
 “ 絶対 ” 目標達成セミナー』
 5/18(金) AM10:30 ~ PM6:00
 
そこそこの金額なので(笑)
志の高い人しか来ないのが自慢の講座!
 
だから、そういう人同士が
繋がったときの相乗効果が
ググッと大きくなるのです。
 
良質の繋がりを求めている人は、ぜひ!
 
 
今日の話が
あなたのビジネスのヒントになれば幸いです。
 
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
自己PRコンサルタント 森田恒行
http://www.7starpr.net/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

だから身につかないのです

May 12, 2018

「伝えたい想い」を「伝わることば」へ♪
自己PRコンサルタントの森田恒行です。
 
 
さてさて あなたに、ひとつ質問です。
 
セミナーを受けた後で、
その内容って、ちゃんと復習してますか?
 
 
けっこう、ほとんどの人が
この大事な行程を抜いてしまっています。
 
 
「ああ、いい話 聞いたー」
 
「今日は、いい時間だったなー」
 
だいたい、これで終わり。
 
 
だから、いつまで経っても
身につかないのです(笑)
 
63d2c185
 
セミナーなど、新しいことを学んだら
必ず復習する時間を持ちましょう。
 
そのために、まず何をするか!
 
 
セミナーを申し込んだら、
その予定って、忘れないように
スケジュールに入れますよね?
 
そのタイミングです!
 
セミナーのスケジュールを入れるのと同時に、
そのセミナーの翌日に
復習するための時間を
スケジューリングしてしまうのです。
 
セミナーの当日は
きっと懇親会などに参加して
酔っぱらって帰ってくるでしょう(笑)
 
だから、当日じゃなくて翌日。
 
翌日に、復習の時間を
あらかじめスケジューリングしておく。

 
たった、これだけの工夫で
学んだことが定着する確率が
飛躍的に向上します。
 
 
そのときのコツとしては、
少なくとも
セミナーの半分の時間を充てる
ってこと。
 
 
2時間のセミナーだったら1時間。
3時間のセミナーだったら1時間半。
 
これぐらいの時間を取って、
学んだことを復習する時間を
あらかじめ予定に入れましょう。
 
 
そんなの、やったことない?
 
 
そうでしょう、そうでしょう(笑)
 
 
だから、今日からでOK!
 
セミナーに申し込んだら、
同時に復習の時間をスケジュールに入れる。
 
 
これ、セミナーに限らず
セッションを受けるときも同じですよ。
 
ぜひ、やってみてくださいね。
 
 
今日の話が、
あなたのビジネスのヒントになれば幸いです。
 
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
自己PRコンサルタント 森田恒行
http://www.7starpr.net/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ダンナさんじゃないほうがいい3つの理由

May 10, 2018

「伝えたい想い」を「伝わることば」へ♪
自己PRコンサルタントの森田恒行です。
 
 
さてさて、昨日のブログで
お尻を蹴っ飛ばしてくれる
「メンター」を探しましょう!

というお話をしたところ、
 
こんなコメントをいただきました。
 
 
主人にお小遣い掛けて(笑)
お願いしてみます(o^^o)

 
 
え~っと・・・
 
またキッパリ申し上げてしまいますが、
この選択は、
あまり良い選択ではありません。
 
 
その理由について、
3つのポイントにまとめてみたので
今日は、それをお伝えしたいと思います。
 
 
なぜ、ダンナさんじゃないほうがいいか?
 
 
それは、まず第1に
ダンナさんだと甘えが生じるから。
 
基本的に身内だと
甘えが生じてしまいます。
 
甘えが生じる
=「ぐうたら」できる環境
に、つながってしまいます。
 
逆を言えば、メンターに
ダンナさんを選んでいる時点で
「ぐうたら」から出られません(笑)
 
 
そして、第2に
昨日もお伝えした5つの要素。
 
①自分より意識が高い人。

②自分より収入が高い人。

③自分よりメンタルが強い人。

④自分が進みたい道で既に結果を出している人。

⑤そして何より、自分が尊敬できる人。
 
この5つの要素を
1つしか持っていない人よりも、
3つや4つ、できれば5つ
すべてを持っている人を選ぶほうが良いです。
 
もし、ダンナさんが
この5つの要素を持っているとしても
できれば他人を選んだ方が
「甘え」を排除することができるでしょう。
 
 
そして、第3には
昨日もお伝えしましたが
メンターから言われたことに対しては、
 
・絶対に逆らわない!
・「でも」とか「だって」とか言わない!
・「YES」か「はい」か
 「わかりました」で返事をする!
 
これが守れないのであれば
メンターをつける意味ってないのです。
 
ダンナさんに対して、
これって守れそうですか?
 
ちょっと、イヤじゃありませんか?(笑)
 
 
昔、流行した
「王様ゲーム」って覚えてます?
 
「王様の言うことは絶対!」
って、ありましたよね?
 
これと同じように
「メンターの言うことは絶対!」
 
だから、逆らっちゃいけないのです。
 
 
そのためにも、
⑤自分が尊敬できる人を選ぶ。
 
この要素が必要になってくるのです。
 
respect1-300x200
 
以前のブログにも書いたのですが
フェンシングの
オリンピック銀メダリストである
太田雄貴さんは
オリンピックで負けたときに、
 
あるコーチについた人がどんどん
メダルを獲っていくのを目の当たりにして
 
「僕は、もっとメダルが獲りたい。
 僕を犬にしてください(何でもします)」
 
と、そのコーチに頼み込んだそうです。
 
 
「僕を犬にしてください!」
 
 
この言葉を言える、ってスゴイですよね。
 
僕のクライアントの中でも
成長が早い人もいれば、
いつまで経っても成長できずに
遠ざかっていってしまう人もいます。
 
その原因は何かというと、
やっぱりプライドの差なんです。
 
 
成長が早い人は
余計なプライドを捨てることができます。
 
でも、いつまで経っても成長しない人は
余計なプライドをずっと守り続けます。
 
プライドが高い人ほど
自分のやり方にこだわるのです。
 
もちろん、
プライドを持つことは大事です。
 
でも、
余計なプライドを捨てることは
それ以上に大事なことなのです。
 
「僕を犬にしてください!」と
言えるぐらいの覚悟を持つ。
 
だから、
④自分が進みたい道で既に結果を出している人。
 
この要素も、
できるだけ外さないほうがいいですね。
 
 
メンターに誰を選ぶのか、
 
できるだけ「甘え」を排除して
お尻を蹴っ飛ばしてくれる人を探す。
 
「ぐうたら」を脱出するためには
これって、とても重要なことなのです。
 
今日の話が、
あなたのビジネスのヒントになれば幸いです。
 
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
自己PRコンサルタント 森田恒行
http://www.7starpr.net/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「ぐうたら」って環境の問題ですか?

May 9, 2018

「伝えたい想い」を「伝わることば」へ♪
自己PRコンサルタントの森田恒行です。
 
 
さてさて、昨日のブログで
 
「行動」を変えたかったら、
まず「環境」を変えましょう。
 
というお話をしたところ、
こんな質問をいただきました。
 
 
「ぐうたら」って環境の問題ですか?
 
 
分かりやすい質問、
ありがとうございます(*´∀`)
 
 
えーっと、
結論から申し上げますと、
 
「ぐうたら」は環境の問題です!!
      (キッパリ!w)
 
スクリーンショット 2018-05-09 11.51.17
 
 
どういうことかというと、
 
「ぐうたら」に過ごせるということは、
「ぐうたら」できてしまう環境に
自分が身を置いているということ。
 
「ぐうたら」できない環境を選んで
そこに身を置けば
「ぐうたら」できないわけです。
 
 
「ぐうたら」できない環境?
 
それって、どうやったら
手に入れられると思いますか?
 
 
いちばん有効なのは、
お尻を蹴っ飛ばしてくれる人を探す。
 
もちろん
フィジカル的にじゃなくて
メンタル的にですよ(笑)
 
これが、いちばん有効です。
 
 
お尻を蹴っ飛ばしてくれる人。
 
つまり「メンター」ですね。
 
 
自分より意識が高い人。
 
自分より収入が高い人。
 
自分よりメンタルが強い人。
 
自分が進みたい道で既に結果を出している人。
 
そして何より、自分が尊敬できる人。
 
 
あなたも一度、こういう人に
「私の“監視役”になってください」と
お願いをしてみては いかがでしょうか?
 
言われた方は 悪い気はしないと思います。
 
よっぽど あなたに問題がない限りは
引き受けてくれるでしょう(笑)
 
ただし、自分より上の立場の人に
無料で頼むのは失礼なことなので
毎月いくらか自分から謝礼を渡してください。
 
 
あとは
「思いきり蹴っ飛ばしてください!」と、
しっかりお願いしておけば
きっと思いきり蹴っ飛ばしてくれます♪
 
 
そして、あなたが守るべきことは
メンターから言われたことに対して、
 
・絶対に逆らわない!
・「でも」とか「だって」とか言わない!
・「YES」か「はい」か
 「わかりました」で返事をする!
 
こうすれば、間違いなく
「ぐうたら」から卒業できそうでしょ?(笑)
 
 
いかがでしょう? 
 
誰もがみんな、
自分のコンフォートゾーンから
なかなか出られなくて困ってます。
 
でも実は、こんな風にしてみたら
一瞬で抜けることができるのです。
 
ぜひ、試してみてくださいね(*´∀`)
 
 
でも実は、メンターって
“監視役”以外にも
もうひとつ大きな役割があるのです。
 
それについては、
こちらのセミナーで
お伝えさせていただきますね。
 
受講者満足度100%!
本気で変わりたい人のための
 “ 絶対 ” 目標達成セミナー
 
5/18(金) AM10:30 ~ PM6:00
 
スクリーンショット 2018-01-11 18.21.391
 
「環境」を手に入れて
「行動」にうつせるノウハウが山盛りですよ!
 
今日の話が、
あなたのビジネスのヒントになれば幸いです。
 
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
自己PRコンサルタント 森田恒行
http://www.7starpr.net/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「行動」したかったら

May 8, 2018

「伝えたい想い」を「伝わることば」へ♪
自己PRコンサルタントの森田恒行です。
 
 
さてさて連休明け、
いかがお過ごしでしょうか?
 
この連休明けって、悲しいことに
人身事故で電車の遅延が多発する時期です。
 
約束の時間には、
余裕を持った移動を心がけたいですね。
 
 
実は、こういう
マインドセット(心がまえ)って
けっこう大事なのです。
 
電車が遅延する
⇒「うわー、ガッカリ!」
 
よりも
 
電車が遅延する
⇒「この時期は、仕方ないよね!」
 
 
あらかじめ、自分の中に
こういうマインドがセットされていれば
いちいち落ち込むことも少なくてすみます。
 
日頃から、自分の気持ちを
いかに平常心に保つことができるかで、
抱えるストレスの量は変わりますよ。
 
お試しくださいね(*´∀`)
 
 
そして、ようやく本題です(笑)
 
この連休中にやろうと思っていたこと、
あなたは全部やることができましたか?
 
「やろうと思っていたけど
  結局、できなかったんだよねえ」
 
きっと、そんなものも
いくつかあったのではないでしょうか?
 
 
では、なぜ行動できなかったか?
 
ちょっと一緒に考えてみましょう。
 
 
理想と現状のギャップを埋めるためには
「行動」することが必要ですよね。
 
ただし、行動するためには
行動するための「環境」が必要です。
 
「環境」を手に入れて
「行動」を変えるから
「能力」を手に入れられます。
 
つまり、
「環境」を変えるから
「行動」が変わるのです。
 
「環境」を変えずに
「行動」だけ変えようとしても、
残念ながら「行動」は変わりません。
 
「行動」を変えたかったら、
まず「環境」を変える。
 
「環境」を変えて
「行動」が変わるから
「能力」を手に入れられます。
 
つまり「能力」を手に入れたければ、
「環境」を変えるのがいちばん先ってこと。
 
 
いかがでしょう?
 
あなたの連休の計画、
「環境」を変えずに「行動」だけ
変えようとしていませんでしたか?
 
行動から変えようとしないで
行動を変えるための「環境」を
まず初めに見つけてくださいね。
 
そして、もし
そんな「環境」の手に入れ方を
知りたい方は、こちらへどうぞ。
 
過去の受講者満足100%だった
本気で変わりたい人のための 
“ 絶対 ” 目標達成セミナー
 
5/18(金) AM10:30 ~ PM6:00
 
スクリーンショット 2018-01-11 18.21.391
 
「環境」を手に入れて
「行動」にうつせるノウハウが山盛りの内容です。
 
以下は、受講された方の感想。
 
**************
 
目標達成に対して
「苦手意識」から「出来るかも意識」に
変わった事が今日いちばんの収穫でした!!
 
目標に対して、どう行動するのかまで
細かく落とし込めたことが
いちばん実りがあったワークです。
 
ずっと 苦手 苦手って言ってたけれど
終わってみたら楽しくて
苦手意識が強かっただけに
今日一日で出来たことに対して
「わたし 出来たじゃん!
 すごいじゃん」って思えました。
 
本当にありがとうございました。
 
**************
 
この女性は、目標達成という言葉に対して
苦手意識がバリバリ全開でw、
 
申し込まれた直後からセミナー前日まで
「どうして申し込んじゃったんだろう?」
と、ずっと悩まれていたそうです(笑)
 
でも、そんな方でも
実際に受講してみれば このとおり!
 
目標達成するための仕組みと技術を
小学生にでもわかる話でお伝えします。
 
お急ぎくださいね!
 
 
あなたのこれからを、一緒に
実りある時間にしていきましょう。
 
今日の話が
あなたのビジネスのヒントになれば幸いです。
 
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
自己PRコンサルタント 森田恒行
http://www.7starpr.net/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

自己PRコンサルタントの仕事って?

May 7, 2018

「伝えたい想い」を「伝わることば」へ♪
自己PRコンサルタントの森田恒行です。
 
 
僕は、自分の肩書を
「自己PRコンサルタント」と
名乗っていますが、
 
それでも やはり
初めてお会いする方には
「何をしている人なのか?」
最初は分かりづらいみたいです(笑)
 
 
そもそも聞いたことのない職業、
そして日本で1人しかいない職業なので
仕方ない部分もあります(笑)
 
 
自己PRコンサルタントの仕事は
あなたの「コア」を言語化すること。

 
と言っても、まだちょっと
分かりづらいかもしれませんね(笑)
 
「コア」を言語化する とは、
以下の3つの質問に対して
迷いなく答えられる状態にすることです。
 
 
その3つの質問とは
・自分が、何の専門家なのか?
・誰の どんな悩みを どのように解決するのか?
・どんな想いで、その仕事をしているのか?

 
いかがでしょう?
 
あなたは、この3つの質問に
迷いなく答えられますか?
 
ぶっちゃけ、
ちょっとキビシくないですか?(笑)
 
 
実は、この3つの質問に答えるためには
7つの要素の棚卸しが必要なのです。
 
その7つの要素とは
価値観(あなた自身の価値観)
信念(あなたの仕事に対する信念)
自信(専門家としての誇り)
ターゲティング(理想とするお客様像)
キャッチコピー(お客様に約束できること)
ブランディング(商品・サービスの価値)
伝え方(どの順番で何をどう伝えるか?)
 
この7つの要素を棚卸しして、
3つの質問に答えられるようにする。
 
これが、
「コア」を言語化するということ。
 
僕は、この7つの要素を用いて
「7つ星 自己PR」と呼んでいます。
 
1526218_1596987913897928_8270066410738905705_n
 
「コア」を言語化することで
自分自身が何者なのかという軸が定まり、
行動や判断がブレなくなるのです。
 
 
さて、あなたは
・自分が、何の専門家なのか?
・誰の どんな悩みを どのように解決するのか?
・どんな想いで、その仕事をしているのか?
 
この3つの質問に迷いなく答えられますか?
 
不安な方は、お気軽にお声かけくださいね。
 
 
今日の話が、
あなたのビジネスのヒントになれば幸いです。
 
 
今日も最後までお読みくださいまして ありがとうございました。
 
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
自己PRコンサルタント 森田恒行
http://www.7starpr.net/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

自分のことばで自分の羅針盤をつくる

May 6, 2018

「伝えたい想い」を「伝わることば」へ♪
自己PRコンサルタントの森田恒行です。
 
長いと思っていたゴールデンウイークも
あっという間に今日で終わりですね。
 
この連休は、
あなたにとって実りある時間でしたか?
 
今日の文章は、ちょっと長めですが
明日からの行動に直結する大事なことなので、
あわてず、ゆっくり
読んでいただけたら嬉しいです。
 
 
 
さてさて、あなたは
「自己PRなんて、別に下手クソでいいよ」
そんな風に思っていませんか?
 
実は 僕も、そう思ってます!
 
自己PRなんて下手クソでいいんです(笑)
 
おいおい、
自己PRコンサルタントが何を言ってるんだ!?(笑)
 
 
でもね、
1つだけ大事な「考え方」があるから
今日は それをお伝えします。
 
本当に大切なことなので、
ちょっと深呼吸をして
心の準備をして
じっくり読んでいただけたら
とても嬉しいです。
 
 
ちょっと長い旅の始まりです(笑)
 
 
さあ、準備はOKでしょうか?
 
 
 
では始めますね。
 
 
 
 
あなたが、
自分の専門外の仕事を
誰かに依頼するシーンを
ちょっとイメージしてみてください。
 
 
 
その仕事を完成させるには
「100の力が必要」だとします。
 
 
そして、ここに
その仕事を引き受けてくれそうな
AさんとBさんがいます。
 
 
Aさんは
「わたし、100の力があります」
と言っています。
 
もうひとりのBさんは
「わたし、120の力があります」
と言っています。
 
さあ、あなたは
どちらに仕事を依頼しますか?
 
 
これ、普通に
Bさんに依頼しますよね?
 
Aさんには依頼しないはずです(笑)
 
 
それは、なぜかと言えば
「100の力が必要」な仕事に対して
 
「わたし、100の力があります」と
言っているAさんには、
「ギリギリだけど大丈夫かなあ?」
という不安を感じ、
 
「わたし、120の力があります」と
言っているBさんには、
「120あるほうが安心だな」
という余裕を感じたからだと思います。
 
結果、この仕事は
Bさんに依頼することになります。
 
 
じゃあ、もしあなたが
「Aさん」に初めて
仕事を依頼するとしたら
どんな仕事をお願いしますか?
 
 
そうですよね?
 
ちょっと余裕をみて
「70~80くらいの力」で出来る仕事を
依頼しますよね?
 
ここまでは当たり前の話かと思います。
 
 
では、今度は逆に
Aさんの立場に立って考えてみましょう。
 
Aさんは100の力があります。
 
でも、Aさんが依頼される仕事は
毎日70や80の仕事ばかり。
 
100の力があるのに
70や80の仕事しか回ってこない。
 
これって
毎日 楽しいでしょうか?
毎日 やりがいありますか?
毎日 成長できそうですか?
 
 
ちょっとイマイチですよね?
 
せっかく100の力があるのに
70や80の仕事ばかりしていたら、
いわゆる「宝の持ち腐れ状態」で
 
本来は100ある力も、
70や80まで減ってしまいそうです。
 
 
 
では、ここで ちょっとだけ
一緒に考えてほしいのですが、
 
もし、Aさんが
毎日楽しく、やりがいをもって
成長できる仕事をしたかったら
どうしたらいいと思いますか?
 
「70~80の力」で出来る仕事では
モチベーションが上がりません。
 
でも、
「100の力が必要」な仕事だったら
どうでしょう?
 
 
一見、よさそうな感じもしますが
実際には普通に出来てしまうので
あまり成長は見込めませんよね。
 
 
だとしたら、
「120の力が必要」な仕事が
回ってきたら嬉しくないですか?
 
 
ちょっと努力すれば到達しそうな
「120の力が必要」な仕事。
 
そんな仕事を毎日こなせたら
毎日楽しくて、やりがいもあって
日々成長できそうです。
 
ということは?
 
Aさんが本当に欲しいのは
「120の力が必要」な仕事です。
 
 
じゃあ、どうやったら
「120の力が必要」な仕事が
Aさんに回ってくると思いますか?
 
 
Aさんの現状は
「わたし、100の力があります」
と言って、70や80の仕事しか
回ってこないのだから。。。
 
 
そうです!
 
120の力が必要な仕事が欲しかったら
「わたし、150の力があります!!」と、
 
これぐらい言っておいて初めて
Aさんに「120の力が必要」な仕事が
回ってくるのです。
 
 
だから、もしあなたが今
「100の力」を持っているとしたら
 
人前で自分のことを話す際には
「わたし、150の力があります!」
のレベルで、喋っておかなかったら
意味がないわけです。
 
 
もし、今あなたの毎日が
つまらない仕事ばかりで
埋め尽くされているとしたら
 
それは、
あなたがまわりの人たちに
「100の力」のレベルでしか
自分の能力を伝えていないからなのです。
 
 
『いやいや、
 現状で「100の力」しかないのに
 「150の力があります!」って言ったら
  それ、ただの嘘つきじゃないですかー』
って、今 思いましたよね?(笑)
 
 
そうなんです。
実は、大切なのはここからです!
 
 
 
では実際には「100の力」しかないのに
「150の力があります!」と言って歩いてたら
本当に「120の仕事」が回ってきちゃいました。
 
あなただったら、どうしますか?
 
 
「実は、嘘でした。
 ごめんなさい。できません。」
と言って、断りますか?
 
せっかく巡ってきたチャンス!
 
もったいないから断らないですよね?
 
 
きっと
「やります!できます!」と言って、
「120の仕事」を引き受けるはずです。
 
 
でも本当は「100の力」しかありません。
 
 
 
では、もし、あなたが
120の仕事を受ける当日まで
「100の力」のままだったとしたら・・・
 
あなたは、ただの嘘つきです。
 
そりゃ、そうですよね?(笑)
 
 
でも、
120の仕事を受ける当日までに、
めちゃめちゃ努力をして
 
「100の力」を「120の力」まで
伸ばすことができたとしたら・・・
ついた嘘は“ハッタリ”に変わります。
 
 
話をした時点で「嘘」だったとしても、
それを現実化してしまえば
「嘘」は「ハッタリ」に変わります。
 
 
 
嘘を“嘘のまま”にしないで、
結果的に自らの努力によって
“ハッタリ”に変えてしまえば
それでOKということです。
 
 
嘘はダメです。
 
でも、
ハッタリはOKなのです。
 
大切なことは、
「150の力があります!」って言ったら
「120の仕事が回ってくる」という
現実を知っておくこと。
 
 
逆に言えば、
120の仕事が欲しかったら
「わたし、150の力があります!」って
普段から言っておかなかったら、
永遠に120の仕事は回ってこない。
 
 
だから
「わたし、150の力があります!」
って、宣言しちゃうわけです。
 
 
 
その「150の力」を持つあなたは
いわゆる「明確な理想」の姿。
 
今の「100の力」を持つあなたは
いわゆる「正確な現状」の姿。
 
この
「明確な理想」と「正確な現状」、
両者のギャップを
日々の努力で埋めていくわけです。
 
 
そのためには、まずは
自らの「なりたい姿」を思い描き、
 
そして勇気を出して
「わたし、150の力があります!」
と言ってみること。
 
それこそが、実は
真の自己PRなのです。
 
 
 
自己PRって、
『自分に対する宣言文』です。
 
「うわ~、言っちゃったよ!
 ヤバイ!どうしよう!
 もう、やるしかないじゃん!!」
 
こんな感じで、
「言ったからには やらざるを得ない」
そんな状況を自ら作り出す効果が
自己PRにはあるのです。
 
そして、
そのことばどおりの自分になるべく
全速力の猛ダッシュで努力をする!
 
つまり
自己PRづくりとは、
『自分のことばで
 自分の羅針盤をつくること』
 
羅針盤2
 
だから、
うまく喋る必要なんてないし、
別に下手クソでもいいんです。
 
そこに熱い想いと、
自分の「なりたい姿」が
明確になっていればね!
 
 
以上 熱い想いの長文を
最後までお読みくださいまして
ありがとうございました。
 
 
感謝です!
 
今日の話が
あなたのビジネスのヒントになれば幸いです。
 
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
自己PRコンサルタント 森田恒行
http://www.7starpr.net/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

僕を犬にしてください!

Feb 24, 2018

「伝えたい想い」を「伝わることば」へ♪
自己PRコンサルタントの森田恒行です。
 
さてさて、
昨日、アップした読書マインドマップ
「ハイクラスな人の気配りの習慣」
 

 
こちらの本の中に
とてもシビれる一文があったので
今日のタイトルは、そこから!
 
「僕を犬にしてください!」
 
 
maxresdefault1 いや、そうじゃなくてw
 
 
「僕を犬にしてください!」
 
これは、フェンシングの
オリンピック銀メダリストである
太田雄貴さんが言われたことばだそうです。
 
(以下本より引用)
 
*********************
 
太田氏はオリンピックで負けたときに、
あるコーチについた人がどんどん
メダルを獲っていくのを目の当たりにして
 
「僕は、もっとメダルが獲りたい。
 僕を犬にしてください(何でもします)」

 
と、そのコーチに頼み込んだそうです。
 
 
若くしてメダルを獲っていたので
プライドが邪魔したけれども、
それよりも自分の成長を賭けたのです。
 
 
太田氏は実際にそのコーチについて、
北京オリンピックで銀メダルを獲られました。
 
 
*******************
 
この文章を読んだときに僕は
背中にビリビリッと電気が走りました!
 
太田選手ほどの実績のある人が
「僕を犬にしてください!」と言える
その覚悟に感動したのです。
 
プライドが高い人ほど
自分のやり方にこだわります。
 
僕のクライアントの中でも
成長が早い人もいれば、
いつまで経っても成長しない人もいます。
 
その原因は何かというと、
やっぱりプライドの差です。
 
成長が早い人は
余計なプライドを捨てることができます。
 
でも、いつまで経っても成長しない人は
余計なプライドをずっと守り続けます。
 
 
プライドを持つことは大事です。
 
でも、
余計なプライドを捨てることは
それ以上に大事なことなのです。
 
 
「僕を犬にしてください!」と
言えるぐらいの覚悟を持つ。
 
本気で、その人から教えを乞うのであれば、
太田選手のように
「自分を殺す覚悟」をもたないかぎり
何を学んでも上手くいかないのです。
 
「自分を殺す」ってこと。
 
それは、先日もお伝えしましたが
10の話を10のまま受け止める
ってことと同じです。
 
プライドが邪魔をするから
10の話の3つを聞き流して
勝手に7の話にしてしまう。
 
プライドが邪魔をするから
10の「白い話」の一部を
勝手に別の色に染めてしまう。
 
プライドが邪魔をするから
10の「青い話」の全部を
勝手に「赤い話」に変えてしまう。
 
こんな感じで、
勝手に「自分の色」をつける。
 
 
色をつけた状態で受け止めるから
それは、もはや師匠が発したものとは
別物になっているわけです。
 
 
つまり、
余計なプライドが邪魔をする
=10の話を10のまま受け止められない
=「受け止める力」が弱い
= 素直さが足りない
⇒ だから、うまくいかない。
 
こんな感じなのです。
 
 
「本当の素直さ」とは、
否定も肯定もせず
ただ「受け止める」

 
この受け止める力こそが
「素直さ」の正体です。

 
 
毎度のことですが、これって
「守・破・離」の考え方にも通じます。
 
【守】
まずは最初に教えられたものを忠実に守り
完コピを繰り返して場数を踏んで体で覚える
 
【破】
それができるようになったら初めて
守ってきたことを破り、個性を育てていく
 
【離】
そして最後に
自分なりのものを確立して離れていく
 
何事も、これがベースです。
 
 
まずは最初に教えられたものを忠実に守り
完コピを繰り返して場数を踏んで体で覚える
 
ここから始めるしかないわけです。
 
 
忠実に型を守って、
その型を越えていくのが「型破り」
 
型も身につけずに、
好き勝手やってるのは、
ただの「型なし」
 
 
型のない人が
自分のやり方でやってる限り、
うまくいくはずがない。
 
うまくいかない人が、
うまくいかない理由は明白なのです。
 
 
そんな自分のやり方では
うまくいかないから、
わざわざお金を払って
師匠のところで学ばせてもらってるのに、
 
そこでもプライドが邪魔をして、
自分のやり方を捨てられないなら
お金を払ってまで学ぶ意味って、
まったくないですよね(笑)
 
 
そういう人って、
結局 最後まで文句ばっかり言って
自分が悪いとは これっぽっちも考えずに、
 
うまくいかないことを全部他人のせいにして
後ろ足で砂をかけるような感じでやめていく。
 
こういうダメな人を、いっぱい見てきました。
 
 
でも、それとは逆に
守破離の順番を守り、
完コピできるまで繰り返し、
何を言われても素直に受け止め、
悔し涙を流しながらでも
歯を食いしばって やり続ける。
 
そうやって成長する人も、いっぱい見てきました。
 
 
だから、今こうして言えるのです。
 
学ぶときはマンツーマンに限る。
 
それは教える側も逃げ場がなくなるから。
 
 
そして、
「僕を犬にしてください!」と
言えるぐらいの覚悟を持ってから
学びに行きましょう。
 
 
それが言えないのであれば
今すぐやめましょう。
 
師匠にとっても、あなたにとっても
お互いにとって時間の無駄ですからね(笑)
 
自分のやり方で成功したいんだったら
ひとりでやればいいんですよ。
 
何年かかってでもね(笑)
 
 
今日の話が
あなたのビジネスのヒントになれば幸いです。
 
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
自己PRコンサルタント 森田恒行
http://www.7starpr.net/
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「伝えたい想い」を「伝わることば」へ。ヒント満載のブログをご覧ください

「ことば化」に悩む士業の先生や起業家のお悩みを解決し、
ビジネスの成功を得るためのノウハウやヒントを解説する
自己PRコンサルタント 森田恒行のブログです。

誰もが楽しくお読みいただけるよう、最近の話題をテーマにしたり、
日常の出来事からヒントを得て、すぐに実践できるノウハウを盛り込んでいます。
実際にセミナー等でお伝えしている一部をご紹介しておりますので、ぜひご参考になさってください。
ブログをご覧になって、ご興味を持たれた方や、お悩みの相談をしたいと思われた方は
お気軽にお問い合わせください。体験コンサルティングをご用意しています。